ダイエイ・ワークス公式ブログ 〜どこにも真似できない私たちのSystem(体制)〜

樋リフォーム マルチカバー取り付け

工事担当の北川です。

先日行った雨樋取り付け工事を紹介します。

今回使用した商品はPanasonicのシルビスケアPC50になります。

シルビスケアPC50のマルチカバーの取り付けも行いました。

元々付いていた雨樋取り外し、吊具を取り付けていきます。

吊具はマルチカバー取付用吊具を使用しています。

吊具は集水器のある方に勾配をつけて取り付けていきます。勾配をつけることによって溜まった雨水をスムーズに流れるようにするためです。

勾配がついていなくて上手く排水されないと雨水が溢れてくることがあるので、勾配をつけるのはとても重要です。

そして取り付けた吊具に軒樋を取り付けていきます。

写真のようになります。吊具に軒樋を引っかける箇所とは別に引っかける箇所があります。そこがマルチカバーを取り付ける箇所となります。

軒樋に覆いかぶさる形になります。

 

マルチカバーは屋根から軒先に伸びて流れるような形になるので、一体感が出てとてもかっこいいです!

マルチカバーを取り付けることによって雨樋を積雪から守ったり、落ち葉が軒樋の中に入りにくくなります。

落ち葉が入りにくくなることによって、雨樋のトラブルでよくある落ち葉が詰まって雨水が溢れ出すこともなくなります。落ち葉が詰まってしまってからでは樋の中を確認したり落ち葉を取り除いたりするのは難しいですよね。

軒樋に覆いかぶさる形なので雪が積もって屋根から流れ落ちてきても雪が軒樋の中に侵入することはなく破損から守ります。

積雪によってマルチカバー自体が破損する心配もありますがスチール芯入りなので積雪150cmの加重にも耐えられます。

雪や落ち葉を外に逃がすことはできますが、雨水はしっかりとマルチカバーを伝って軒樋の中に流れ込みます。豪雨であってもマルチカバーを伝っていきます。

このようにマルチカバーは雨樋本来の性能を守る為の重要なものです!

外観も屋根との一体感が出てかっこいいのでお勧めです!

雨樋のリフォームもダイエイ・ワークスにお任せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

トップへ戻る