ダイエイ・ワークス公式ブログ 〜どこにも真似できない私たちのSystem(体制)〜

樹脂サイディング 

工事担当の北川です。

現在、外壁工事している現場では樹脂サイディングを張っています。

改めて樹脂サイディングを張り進めていくと、樹脂製ならではの質感とすっきりとした外観になっていき、個人的にとても好きな

外壁材だと思いました。

今回使用している写真の外壁材は、旭トステム外装 WALL-J 濃色品「グランドリバー」で色がコーヒービーンです。

濃色品の樹脂サイディングは、落ち着いた配色で高級感があります。

コーヒービーンは個人的にとても好きな色なので張り上がった全体像をみるのがとても楽しみです!

使用しているWALL-Jの樹脂サイディングの一枚の長さは3.8mほどありますが、重さは2,3kgしかありません。

2,3kgといえば片手で軽々持てるぐらいの軽さです。

外壁材といえばとても重いイメージもあるかもしれませんが樹脂サイディングのこの軽さも魅力的だと思います。

軽量なので既存の外壁の上に重ね張りしてもあまり重量化しません。

重い建物は地震の際に揺れやすくなるので、耐震性能が低下しますが、樹脂サイディングは軽いので家にかかる負担を減らせます。

この軽いという特徴は施工する際にもとても助かっています。

加工して持ち運びも簡単ですし、一階から二階への材料の上げ下げも簡単です。

この軽さで耐久性を心配する方もいるかもしれませんが樹脂サイディングは耐久性も高いです。

ヒビが入りにくいのも特徴です。強風などによって破片が飛んできたり、物をぶつけたりしても少々の衝撃なら耐えることができます。

耐久性が強いだけに、補修などのメンテナンスをする回数が他の外壁よりも少なくて済みます。定期的な手間と費用を抑えることが可能です。

美しい外観と魅力的な性能がある樹脂サイディングをおすすめします!

 

 

一覧へ戻る

トップへ戻る