ダイエイ・ワークス公式ブログ 〜どこにも真似できない私たちのSystem(体制)〜

外壁の反りの原因

工事担当の北川拓です。

現在、住宅に使用されている多くは窯業系サイディングです。

この窯業系サイディング、経年による痛みによって変形したりしてしまうことがあります。

 

この画像を見てもらうとわかるように、外壁材が大きく膨らんでいます。このような症状は見かけることは少ないものの実際に起こってしまうかもしれません。

窯業系サイディングはセメントに木質系繊維質を混ぜて、板状に形成した外壁材です。機能性やデザイン性に優れており、日本で使われているサイディングの多くは窯業系サイディングです。

しかし劣化しやすい素材の為、こまめなメンテナンスが必要です。

外壁のメンテナンスで塗装を考えている方はたくさんいるとおもいます。しかしこの画像のように外壁材自体が反ってきたり、浮いて隙間ができてきたりしまうとメンテナンスとして外壁塗装では対応できないとおもいます。

なぜこのような症状が起きるのかというと、窯業系サイディングの表面の防水効果が切れてしまったのが原因です。

新築の時には工場で表面に塗装加工されています。塗装加工には防水効果があり水を弾いています。

経年によって表面の防水効果が切れてくるとサイディングは水を吸い込みます。雨の日に水を吸うとサイディングわずかに膨らみます。そして晴れの日に乾くと縮んでもどります。

サイディングが乾く際にも日光が当たる表面から早く乾いていくので縮むのも表面のほうが早いです。なので早く乾く表面のほうに引っ張られて反ってしまいます。

一度反ってしまったサイディングは元に戻りません。反ってきた所や浮いてきた所をビスでとめて応急処置はできるもののそのまま放置するのは、隙間からさらに水が入ってきたり状況が悪化してしまうので放置しないほうがいいと思います。

なのでこのような症状や、これより悪化している外壁なら張り替えをおすすめします!

このような外壁に関する悩み、メンテナンス、外壁リフォームのご相談お待ちしております。

 

一覧へ戻る

トップへ戻る