ダイエイ・ワークス公式ブログ 〜どこにも真似できない私たちのSystem(体制)〜

屋根のリフォーム カバー工法

工事担当の上澤です。

 

先日行った屋根のリフォーム工事をご紹介します。

 

今回使用した商品は…

ダンネツトップ S&Sルーフワイドになります。

こちらの商品は住宅から店舗まで幅広く耐用し、新築工事もリフォーム工事にも使用可能です。

コロニアル屋根の上に重ね葺きしていきます。

既存のコロニアル屋根は塗装が剥がれており、所々割れている箇所もありますので、重ね葺きがベストなリフォームだと思います。

劣化しきったコロニアル屋根の上に、塗装工事は屋根の塗装が、数年後落ちてくる可能性があります。

そうすると再メンテナンス(再度塗装など)が必要な場合が多いので、お勧めできません。

重ね葺きをしておけば数年後に再メンテナンス(再度塗装など)を行う必要がなくなりますので、手間も費用もかかりません。

今回使用した屋根材ですが金属製になります。

一番雨の当たる屋根に金属って大丈夫なの?と、不安になる方もいらっしゃると思いますが、大丈夫なんです!

S&Sルーフワイドの標準色の(耐磨カラーGL)はガラス繊維(軽量でありますが高い強度から構造材として使用されているグラスファイバー)を

塗膜に配合した高級塗装鋼板です。

つまり耐久性と耐候性に非常に優れています!更に工業地域などでも10年以上経過しても、塗膜の状態は良好と実績も十分にあります。

 

通常の塗料だと赤外線は塗膜に吸収されますが、耐磨カラーGLは遮熱効果もある塗料になりますので、赤外線の反射率が高く屋内への熱伝導率を軽減し、塗膜へのダメージも軽減します。

更に屋根材の裏側には断熱材が張りつけされており、断熱効果と遮音効果もあります。

お家の屋根が綺麗になり、冬は暖かくなり、夏は涼しく、雨音も気にならなくなります。一石二鳥ならぬ一石四鳥ですよ!!

屋根の重量も軽量で、お家に負担がかかりにくい、ダイエイ・ワークスお勧めの屋根材になります!

 

外壁、屋根のリフォーム工事はダイエイ・ワークスにお任せ下さい!!

 

一覧へ戻る

トップへ戻る