ダイエイ・ワークス公式ブログ 〜どこにも真似できない私たちのSystem(体制)〜

墨壷とチョークライン

工事担当の清水克哉です。

今回は常に持ち歩いている道具で墨壷という道具なのですが、

これは直線を出すために使う道具になります。

(写真左が墨壷)

一人でも長い直線を出せるので、とても便利な道具です。

使い方はサイディングを加工するとき、

加工をするために下書きを書くのですが、

その時長い直線を書く時に墨壷を使って直線をだしたり、

またサイディングを張っていくときに基準になる印をつけたりするときに使います。

また墨壷の他にも墨壷ではなくチョークが入った墨壷(チョークラインという道具で写真右)

といった道具もあります。

大きな違いは墨壷だと墨がくっきりとつきますが、

チョークだと簡単に消せるので、墨を付けたくない時等に使います。

チョークラインは外壁板金のような仕上げ材の時に使用したりします。

しかし、擦れて消える事もあるので消えると困る時には墨壷を使います。

墨壷もチョークラインも糸をしっかりと張っている状態で使用しないと、

しっかりとした直線が出せないので、ちゃんと糸が張っている状態を確認しつつ、

糸を弾く事を毎回気を付けています。

 

一覧へ戻る

トップへ戻る